Part1:共同作業にありがちな問題

穂乃果「というわけで!今日もみんなの考えてきた歌詞を繋ぎ合わせてみよー!」
海未「はい。では私の分は・・・」
ことり「あれ?海未ちゃん、そこはことりが考えるパートだよ?」
海未「あっ・・・すみません、間違えてしまったようです・・・」
にこ「真姫、そこの最後のフレーズ、電話で打ち合わせしたのと違うんじゃない?」
真姫「電話したときはそう思ったけど・・・やっぱりこの方がいいかなと思って」
にこ「真姫が打ち合わせ通りに書く前提で、その後の歌詞を考えたのよ!」
花陽「ごっはん、ごっはん、ごーはーん♪」
凛「ラーメン大好き星空さんにゃ♪」
絵里「そこの2人、他の人の歌詞読んでるかしら・・・?」
にこ「そういえば、穂乃果は歌詞書いてないじゃない」
穂乃果「むー・・・だって、みんなの作業まとめるのに手一杯なんだもん」

希「てゆーか、毎日この編集作業めんどくさいやん?」

8人「確かに」
絵里「でも、どうすれば・・・」
希「ええ方法があるんよ。お互いの作業状況がいつでも見えて、間違ったり衝突しても元に戻せて、イベントごとに少しずつ違うバージョンも作れる。試してみる?」

穂乃果「やりたい!」
凛「どんな黒魔術が出てくるか楽しみにゃ」
希「今回はスピリチュアルちゃう、むしろハイテクや。Gitていってな。ま、順番に勉強していこか」


LINEで送る
Pocket


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です