Part21:シギル

海未「では、Elixirの基本文法の締めくくりとして、シギルについて見てみましょう」
希「ウチのスピリチュアルパワーをもってしても、いまいちよくわからん言葉なんやけど」
凛「希ちゃん、あれはもうやめるにゃ」

海未「Elixirという言語は、開発者が拡張できるように設計されています。その詳細はまだ先ですが、シギルはそのための機能の一つです」
希「今までやってきたような文法を、増やしたり変えたりできるん?」
海未「そうです。今回扱うシギルは、リテラルの定義方法に関わる部分ですね」
凛「文字列とかリストとかかな?」
海未「はい。例えば・・・」

海未「上からそれぞれ、文字列、文字リスト、リストの別の書き方です」
凛「このsとかcとかwとかを別のに変えると書き方を増やせるってこと?」
うみ「そうですね。例えば、自分で定義した構造体を表現する書き方を用意できたりするわけです」

凛「ほえ~」
希「なるほどなあ。構造体を組み込み型みたいに書けるようになるってことか」
海未「sigil_iという名前がポイントです。sigil_というプレフィックスがつくと、それはシギルと見なされます」

海未「同じ文字列でも、~s~Sでは挙動が変わります」

海未「このように、大文字にすると変数展開が無効になります。エスケープシーケンスも使えないようですね」
凛「記号とか混ざった文字列書くときに便利そうだにゃ」
希「シンタックスハイライトがついてこれてないね・・・」

海未「ヒアドキュメントといって、文字列中に改行を入れる書き方もできます」

希「長文扱うときに便利そうやね」

海未「最後に、モディファイアというものがあります。シギルの動作を制御するためのもので、例えば」

海未「この末尾のaやcがモディファイアです。この場合は、要素の型の指定ですね」
希「aつけるとアトムで、cつけると文字リストになるんやね」
海未「シギルの種類ごとに使えるモディファイアが決まっています。全部は紹介しませんが、公式のドキュメントなど調べてみるといいでしょう」

海未「これで、Elixirの文法については一通りだと思いますが・・・」
凛「はいはーい!次回は凛がやるにゃ!」
海未「何かテーマがあるのですか?」
凛「Mixっていうツールがあるんだよ。使うと手を抜け、えっと、効率よくなりそうだから、調べてくるにゃ」
海未「・・・」
希「怠惰はプログラマの美徳やで」


LINEで送る
Pocket


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です