Part2:インストール

海未「では環境を作ってみましょう。WindowsとLinuxの話をしますね」
穂乃果「Macは?」
海未「知りません」
穂乃果「そうですか・・・」

海未「まず、Node.jsを直接インストールしてもよいのですが、バージョンアップが速いという特色がネックになる場合があります」
ことり「バージョンアップ大変だし、互換性の関係で戻したいときもあるよね」
海未「そこで、バージョン管理ツールが用意されています。今回はそれを使ってみましょう」


Windows

海未「Windowsでは、Nodistというツールが有名です。これを使いましょう」

Nodist

海未「上記のページからインストーラがダウンロードできるので、それを使えばすんなりいくと思います」
穂乃果「うん、特に迷うところはなさそう」
海未「インストールが終わったら、コマンドプロンプトからnodist -vと打ってみましょう」

海未「こうなれば大丈夫です」

海未「Nodistはバージョン管理にGitを使います。なのでGitもインストールしておいてください。これはいいですね?」
ことり「希ちゃんに教えてもらったよね~」

μ’sと学ぶバージョン管理システム入門

海未「ここまでできたら、Nodistを使ってNode.jsをインストールします」

海未「Node.jsのリポジトリから最新安定版を取得してインストールしてくれます。終わったら」

海未「このように、Node.jsのバージョンが表示されれば成功です」


Linux

海未「Linuxでは、nvmというツールがあります。これを使いましょう」
穂乃果「こっちもGit必要?」
海未「はい。そもそも、nvm自体GitHubにありますから。それと、C++のコンパイラの類も必要になりますから、そのあたりは、よしなに・・・」

海未「ターミナルを起動し直すかsource .zshrcなどとすればnvmが使えるようになります」
穂乃果「海未ちゃんzsh使いなんだね・・・」
海未「プログラマの基礎体力ですから。さて、Node.jsの現時点の最新版は5.0なので、それをインストールしましょう」

海未「これでNode.jsが使えるようになりました」
ことり「簡単だったね」
海未「昔はいろいろ面倒だったようですが、環境構築周りはずいぶんと進歩したようです」


LINEで送る
Pocket


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です