Part8:配列

ルビィ「今回は配列だね。Rubyでは結構よく使う機能だから、しっかり覚えようね」

ルビィ「配列って言うのは、データに順序を付けて並べたもの。書き方は簡単だよ」

ルビィ「こうやって、[]で囲ってカンマ区切りで並べたのが配列」
ヨハネ「大したことないわね」
ルビィ「うん。そこまで難しいことはないと思うな」

ルビィ「配列には、複数のデータ型を混ぜることもできるよ」

ヨハネ「ルビィちゃんもにこちゃん推しだったのね!同志がいて嬉しいわ」
ルビィ「えっと・・・そういうわけじゃないんだけど」
マル「ルビィちゃんがかよちん推しなのは知ってるずら。それはそうと、:nicoって?」
ルビィ「それはシンボルっていってね、文字列と似てるんだけど、同じ名前のシンボルは必ず同じオブジェクトになる、ってとこかな」
マル「・・・よくわかんないな」
ルビィ「例えばa = "maru"b = "maru"があったとすると、”maru”っていう文字列オブジェクトが2つできるの」
マル「まあ、値が同じなだけで別物だもんな」
ルビィ「これがシンボルだと、a = :marub = :maruってしたらこの2つの:maruは同じオブジェクトになるの」
マル「分かったような、分かんないような・・・」
ルビィ「実際にシンボル使うのは、定数の代わりか、この後出てくるハッシュのキーがほとんどだから、そこで使うものと覚えればとりあえずはいいかな」

ルビィ「配列に入れた値は、後から取り出したいよね。そういう場合は添字っているのを使うんだ」

ルビィ「添字は0から数えるんだ。だから、0だとマルちゃん、1だとヨハネちゃん、2だとルビィだよ」
ヨハネ「0から数えるってプログラマじゃあるまいし」
マル「もうそれ突っ込む気も失せるずら」

ルビィ「同じ感じで書き換えもできるよ」

ルビィ「要素の追加も簡単だよ」

ルビィ「これは1番目から2つ要素を追加してる例だね」
ヨハネ「ここでいう1番目は、”ヨハネ”なのよね。紛らわしいわね」

ルビィ「あとは、配列の長さかな。lengthを使うと取れるよ」

ルビィ「これだけ覚えれば、まずは大丈夫かな」
ヨハネ「思いの外覚えることは少ないわね」
ルビィ「なんか過剰に難しく考える人いるみたいだけど、今回見たような基本操作とArrayオブジェクトのいろんなメソッドの話をごっちゃにしなければそんなに難しくないと思うな」


LINEで送る
Pocket


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です